「ほっ」と。キャンペーン

The Vines / Vision Valley

03 Apr 2006

a0015955_2252090.jpg国内盤の特典はメンバーのインタビュー映像→いらない。。。ってことで格安輸入盤を購入。
なんだか新譜DCを買うのすご~く久しぶり。
Vinesが好きならまあ、納得の出来上がり
だけど、あんまり成長ないよな~ってのは正直なとこかな。
相変わらずF*K YEHなんて曲あるし。
でもさ、最近のバンドって3枚アルバム出せればもう大成功って感じじゃないのかな?
そして毎度のCCCD
全く『持ち歩いて聴けないじゃん!』と思ったんだけど、実はこれ『持ち歩かれるとすぐ飽きる』の裏返し商戦なのかも?って思った。
って書きながらもう3周目。
イヤ本当にVines好きならお勧めです!
[PR]
# by sonicDM | 2006-04-03 22:25 | New Collection

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

30 Mar 2005
The Three Burials of MERQUIADES ESTRADA

a0015955_2325438.jpg観終わった今ではちゃんとタイトルが言えるようになったけど、観る前はなぜか『パーマ・エルドリッチの3つの聖痕』と区別がつかなかった。。。(3が同じなだけじゃん!)
バリー・ペッパーも思わず泣いちゃう、トミー・リー・ジョーンズ親父がとっても怖い話。
腐り行く死体との旅。
チープなホラーにはない怖さあり。
怖すぎて思わず笑ちゃうようなシーンもあり。
『狼男アメリカン』を思い出した。。。(ちょっと違うけどね)
人がゲーム感覚でいとも簡単に殺される現代。
『殺人の罪を償う』ってこれぐらい荒療治じゃなきゃダメなんじゃないか?
なんて思わせる映画だった。
見るだけならとにかく美しい、しかし暮らすには決して楽ではないであろうメキシコの風景と、友情を貫く男の潔さと待ち受けた現実の残酷さがうまくマッチしていた。

評価
★★★
[PR]
# by sonicDM | 2006-03-30 23:00 | Film

ラストデイズ LAST DAYS

20 Mar 2006

a0015955_944027.jpg最終回は8時15分とちょっと遅め&休日前ということで満席。
『カート・コバーンの最期の2日間を描いた映画』という認識で劇場まで足を運ぶ人が大半と思われるけれど、監督のガス・ヴァン・サントはあくまで『カート・コバーンに対する追悼作品ではあるけれど伝記的作品ではない』と説明している作品。
意味不明な行動、繰り返す同じシーン、時間軸がバラバラな映像でマイケル・ピット演じるブレイクが『かなりヤバイ』感を出していく手法。
個人的にはカート・コバーンに思い入れはないので、はっきり言って『なんだかな~』な映画。
ガスちゃんの自己満足映画ですな。
しかしマイケル・ピット君ははまり役だったね。
きっとガスちゃんは彼にリバー・フェニックスの姿も重ねていたんだろう。

評価

[PR]
# by sonicDM | 2006-03-21 09:34 | Film

ヒストリー・オブ・バイオレンス

12 Mar 2006

マリア・ベロ演じる妻のチアガール姿が衝撃、いや、笑劇的って点だけが印象に残った映画。
舞台が日本だったらセーラー服姿ってとこだろうか?なんて考えてしまった。

評価★
[PR]
# by sonicDM | 2006-03-12 23:44 | Film

ジャーヘッド Jarhead

a0015955_12361123.jpg25 Feb 2006

湾岸戦争時、実際戦地に赴いた海兵隊員アンソニー・スオファードが書いた『ジャーヘッド/アメリカ海兵隊員の告白』がベースになった映画。

湾岸戦争の裏側を描いた作品としても優れていると思うが、単純に、一人の青年が『人生は甘くない』を短期間で体験してしまう過程が淡々と描かれた秀作。

評価
★★★★★
[PR]
# by sonicDM | 2006-02-26 13:16 | Film