22-20s

30 Nov 2004 @ 渋谷Club Quattro

a0015955_23282489.jpg6時30分過ぎにQuattroに到着したんだけど、あれ!Jetの人観にきてんの???と思ったらキーボードのチャーリーとドラムのジェームズでした。
手際よくささっとサインをもらっていた人もいたが、あいにく書く物も書いてもらうもんももちあわせちゃいなかった。。。ライブのあとなら感想なんぞまじえつつ握手って手もあったが、なんて言ったらいいかわかんないな~なんて考えているうちにエレベーターに乗ってしまった。
もっととりまきがいれば写真撮るのも可能だったかも?だが、案外気がついてる人はいなくて、あの空き具合でいきなり携帯カメラっちゅのもかっこ悪いし、失礼な感じだったのだ。
ジェームズ、かわいかったよ。顔、小っちゃいのなんの!背も低かったけどさ。

で、ライブ本番。予想通り若くても客に媚を売るようなことはしない、職人っぽい興行だった。
そ、こういう興行には観るほうも大人にならんとね。。。とウイスキー片手にゆ~らゆ~ら。。。を勝手にイメージしてたもんだから、なんだか前方のぶつかりあうマサイの戦士達が『なんか違わないかああああ』で一気にさめてしまった。
彼らの演奏には何も問題ないんだよ。
ただ、あまりに客とのバランスが悪くてさあ。。。
ってなんかぐだぐだ言ってますがね、本当のところはCardiffで矢吹丈になっちまったのが最大の原因。
Lostprophets, burn burn 症候群。
ごめんね、22-20s!

写真は10/27 London Scalaでの22-20s公演のチケ。はじめ10月末に休みを取る予定で買ったんだけど、結局日程がずれたのでロンドンの友達に譲った。
22-20sの演奏がはじまったのは10時すぎてたって話。チケット代はGBP10.00
200円で計算しても2000円。うらやましい。
[PR]
by sonicDM | 2004-12-01 00:00 | Gig
<< Pink Grease / T... Franz Ferdinand... >>