ロング・エンゲージメント A Very Long Engagement

13 Mar 2005 (Roadshow 2005-012)
a0015955_21563896.jpg

ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作ってことで私の期待が大きくなりすぎていたのかもな~
なんかいまいちでした。
オドレイ・トトウ演じるマチルドが戦死の報告を受けた婚約者マネク(ギャスパー・ウリエル)の生存を信じて捜し続けるって話。
最後に婚約者が見つかるのはわかったような結末で、そこへたどりつくまでが見せ所なんだけど、やっぱりそこはフランス映画というかなんというか。。。まったりしてるんだよな~。
このまったり感が、少しずつしか謎が解けなくても彼の生存を信じて前進するマチルドの愛の深さを表現するには不可欠だったのかもだけどね~。
なにしろ謎を解く人物がなんとなく見分けがつきにくくて、製作者側もそれを感じたのか、やたら顔写真の上に名前が出るシーンがあった。けどわかりにくかったね。名前も覚えにくかったし。
美青年ウリエル君の出番が少ないのもがっかりしたぜい。
反面、久しぶりにみたドニ・ラヴァンはよかった。若い頃は『父ちゃん坊や』っぽかったが、本当の父ちゃんになってた。
ジョディー・フォスターの出演もちょっとびっくりだった。

Official Site

評価
★★
[PR]
by sonicDM | 2005-03-13 22:24 | Film
<< 僕の妻はシャルロット・ゲーンズブル オリジンズ ホワイト・ナリシン... >>