私には悲しすぎる映画でした『オーシャン・オブ・ファイアー』Hidalgo

a0015955_211.jpg
26 April 2004

『オーシャン・オブ・ファイアー』を観てきました。
月曜日、最終回とはいえ、ガラガラでした。30人いなかったんじゃないかな?
うーん、でもはっきり言ってこの映画、月曜日最終に30人しか客を呼べない映画ですな。
どこまで実話に忠実に映画化したのか?だけどいきなり馬の耐久レースから話がそれ、お姫様奪還のなんちゃってインディー・ジョンス映画に早変わり。
異国の地でもアメリカ人は正義感にあふれ、かっこいいのです。
&ヴィゴは女性にもてるのでした。。。
まあ、終わりよければ全てよし。って感じで感動の愛馬ヒダルゴを野生に返してめでたしめでたし。というわけです。
なんか映画に入り込めない隙があるんで、私はドバイの地に志半ばで散ってしまった砂の女王『ホクトベガ』を思い出してしまい、とても悲しくなってしまったのでした。
&冒頭にでてきたヴィゴに喧嘩を売り、早々にのされた男。。トーマス・ハウエルじゃなかった????最後しっかりエンド・タイトルを観ていたんだけど、彼の名はみつからなかった。。。名もない役だったの??アウトサイダーではポニーボーイって役だったのに。。。皮肉な話です。
で二重に悲しくなったのでした。
しかし、ディーテールはしっかりしてます。
アラブの方々の馬の乗り方を何というのか知りませんが、ヴィゴの乗り方はしっかりウエスタンでした。
最後裸馬の乗ったのも本人なんでしょうか??
DVDに付そうな撮影裏話をぜひ観たいです。がこれは買いません。

評価
★★
結果がよかったからいいものの、馬の酷使。あれはホースマンにあるまじき行為です!
[PR]
by sonicDM | 2004-04-26 23:05 | Film
<< 今日のMD The Vines... いい人になる方法 How to... >>