Summer Sonic 05 2日目

14 August 2005
a0015955_21495574.jpg

体力温存のため、昨晩は会場そばのホテルに宿泊。
想定通り、姐さんは力の入った二日目は若いソニ友より元気。

Billy Talent

自分でもいつごろ何で買ったのか?よく覚えていないんだがアルバムを持っているのであった。
ソニ友に聴かせたらけっこう気に入ったので一発目はこのバンドに決定。
Sum41と同じカナダ出身ってことでなんとなく音も似ているっちゃあ、似ている。
演奏は予想外に安定していて、ベースの重低音がきいてるのがすごくかっこい。
前方の若い衆は午前中だっていうのに盛り上がっていたよ。強面の警備員にことごとくつまみだされていたけど。。。

次は姐さんの本命王子INME
その前に10分ほど中国整体でリラックス。
Mountain Stageへ向かう途中Sonic Stageから客があふれ出ていた。
時間からいくとCaesars。恐るべし、CM効果。
Mountain Stageに着くとひとつ前のNo Warningが予定時間より早く演奏をはじめた様子なのに気がつく。
(後で知ったんだが、Bullet For My Valentineがドタキャン、タイム・テーブル変更があったのだ!)
トイレからまだ戻らないソニ友にはメールを残し、ジワジワと前進。危険じゃなく、よく見える場所を確保。
前回の来日時にはドラムはほとんど見えなかったけれど、今回はド真ん中でよくみえそう!
ついに三人登場!
あれ、Daveはかなり髪を短くして、なんだかプレストンに似てないか??だった。
病弱だとうわさのJoeはなんだか筋骨たくましくなったような?
新サイモンは相変わらず遠景でみるともっさりしていた。

New Album White Butterflyからの曲もけっこう披露してくれ、シャイで節目がちで演奏に没頭するタイプ(それはそれでよかったんだけど。。)のDaveが明るく日本語で『みんな・いっしょに・うたって』と呼びかけたのには驚いたけど、ほとんど誰も歌えず、『返事なし』な状態だったのがかわいそうだった。
彼らの課題はライブとCDの差をどううめるか?だな。
CDは3人じゃここまでなかなかでないよね。。。っていう音出しちゃってるからね。
しかし3人そろってイケメンなんだからこれからもがんばってほしい!
明らかに身内?っていうおじさんが一生懸命Vを撮っていた。サイモンのパパか??

INMEが終わるまでアルコール厳禁!と心に誓っていたので、今日は初のビール&ケバブで昼食。

The Ordinary Boys プレストンのDJを観にHMVダンス・テントにバスで移動。

テントは草むらにポンと建てただけのまさに『テント』で冷房がなくて蒸暑かった。。。
DJが次から次へと皿を回していくんだが、こんな状態で踊る人はゼロ。って前に客がほとんどいない。。。企画倒れの感あり。
プレストン+ウイリアムのDJにはけっこう人が集まったけれど、彼のはただ自分の好きな曲をランダムに流しただけって感じ。
しかし選曲はSpecials, Madness,Clashとやっぱり冴えている。
『白い暴動』がかかったらプチ暴動状態の男子が数名いました。
ちなみに『白鳥の湖』あれはMadness ヴァージョンです。

終わって外に出ると本日のメイン、オアシスを目指し徒歩にてMarine Stageへ移動中の行列が。。。
おかげで空いていた無料ミニ・キャブ送迎でメッセに戻る。

ソニ友はTeenage Fanclubへ。
サイン会会場前を通ったらBilly Talentがサイン中。人が集まらないらしく、係員に『いかがですか?』と声をかけられたけど、サインしてもらう物もってないし、断ってしまった。
でも後で知ったんだが、彼らはドタキャンBullet for my valentineのかわりだったらしい。
こんなことならもらってあげればよかった。。。

軽くビールを一杯飲んでからSpecial Beat のRock Stageへ向かう。

いち、に!!!Special Beat

これまたどんなナンバーを披露するのかちょっと不安だったけど、ほとんどがなじみのThe Specials, The Beatのナンバーだったのだ~~~~~で姐さん暴走!!!気がついたら踊っていた~~~~~~~~~~。
若い人もけっこういるんだけど、ここは『タテノリ厳禁』のNite Klub
楽しければかっこわるくてもいいのさ~~~~なスカ・ダンサーですごい盛上がり。
Little Bitchでは出たよ、出たよ『いち、に!』
楽しすぎる~~~~~~~~~
元The BeatのRanking Rogerが息子のRankin Jr.を紹介。当然のように観客からRanking Full Stopのリクエストがあり、もちろん演奏してくれた!So Cool !
で、後で知ったんだけど、Rankin Jr.はThe Ordinary Boysにも飛び入りした。。。って聞いて初めてBoys Will Be Boysのラッパー風おにいちゃん=Rankin Jr.だと気がついた。
恐るべしプレストンの人脈
もうねえ、予想外に楽しくて楽しくて、終わりよければ全てよし!
Thank you Special Beatだったのさ~~~~~。

閉めのオアシスはチラっとモニター映像で何曲かだけ観て、恐ろしい入りだったので、駅が混雑する前に引き上げました。

以上大人のサマ・ソニ05レポでした。
[PR]
by sonicDM | 2005-08-14 21:47 | Gig
<< LUSH渋谷文化村通り店 生ソニ2 >>