理想の女(ひと) A Good Woman

12 Sep 2005 (Roadshow 2005-52)
a0015955_22594130.jpg

舞台は1930年のイタリア。お金に不自由のない社交界の人々が休暇をすごしている。
いつもの顔馴染みのメンバーに突然、数々の金持ち妻帯者の愛人として生きてきたと悪名高い
アーリン(ヘレン・ハント)が加わり、さっそくメグ(スカーレット・ヨハンソン)の旦那に接近してきた。。。。
これといってすることのない人々の最大の関心は男女関係のゴシップ
う~ん、こんな話がどう展開するんだか。。。とちょっと不安になりだしたところでちょっとびっくりな真実が飛び出し、急に話は深くなっていくのでした。
なかなか大人のいい映画でした。
原作はオスカー・ワイルド。『理想の男』じゃないのかい?っていう疑問の回答はエンディングのタピー(トム・ウイルキンソン)にあった気がする。

『ロスト・イン・トランスレーション』を観た時、ヨハンソン嬢がカジュアルな服が似合わないのが印象的だったけど、やっぱりこのお嬢さんは古典物が似合うね。

評価
★★★
[PR]
by sonicDM | 2005-09-12 23:33 | Film
<< Bathing チャーリーとチョコレート工場 >>