キング・コング King Kong

14 Dec 2005 (Roadshow 2005-63)
a0015955_0154661.jpg

先行上映で観てきた。
う~ん、SFX職人さん達の自己満足映画なんじゃないだろ~か?
まず、上映時間が長すぎる。
無駄なシーンが多いっていうのかな?
コングが生息している島にたどり着くまでがまずまったりしすぎだし、いっそのこと『コングVST-Rex』っていうタイトルで1本撮ったら?っていうぐらいコング対恐竜のシーンが長すぎる。
なんだかジュラシック・パークを観てる錯角に陥る。
どうみてもこんな状況で生き残る人間いないでしょ?な、無理な映像だし。。。
最大の敗因は言葉の通じない野獣と美女の間の愛がいまひとつ観客に伝わらない点にあると思う。
ジェシカ・ラング版の時のコングは汚れた彼女を滝のシャワーにつれていったり、ちょっと洋服をめくろうとしたり助平心があったのに対し、ナオミ・ワッツ版はそういうのがない。
人間臭さがなくて、見せ物になったコングへの同情心もあんまりわかないのだよね。
やっぱりピーター・ジャクソン監督は良い子向け作品の監督なんだと思う。
あと、ジャック・ブラックがまじめに演技してるのもシラケタな。
なんとなく情けない男=エイドリアン・ブロディってのははまり役だったけど。
いっそのこと全くの新バージョンってことで、ジョリー様みたいなかっこい~女優を抜擢して、ダメ・コングを調教する。。ってな話にしちゃった方がおもしろかったんじゃないかな?
男は美人に弱い。。。っていう不変のテーマはともかく、逞しい男に守られたいっていうのはもう現代にはちょっと古臭い。
リメイクするからには工夫が必要だった一本

評価

[PR]
by sonicDM | 2005-12-16 00:46 | Film
<< ロード・オブ・ドッグタウン L... The Hives / Tus... >>