本当に普通の男の子達だったよ、 The Ordinary Boys

a0015955_224428.jpg19 June 2004 / Duo Exchange

ライブの前にここで試聴をしていて、スペシャルズのリトル・ビッチのカバーをやってるのに気がついて、今日のセット・リストに入ってるかな~とわくわくしていたんだけど、それより前に登場がマッドネスのNight Boat to CairoでSonic Death Monkeyは猛烈感動した。
Night Boat to Cairoの試聴はこちら

サウンド・チェックでちらっと汽笛が流れたからもしや。。と思ったんだけど、やっぱりそうだったのだ~。
で、スペシャルズのリトル・ビッチも演奏してくれたね。
突然のスカ演奏に若い観客のみなさんは困惑していたようだけど、私はこれが一番よかった。。。
う~ん、オリジナルも悪くないんだけど、ちょっとパンチに欠けるかも?
『日本の観客は最高だ』って言ってたけど、そうだと思うよ。
本国英国じゃ、あの手のはゴロゴロいると思うし、客の耳も肥えてるから日本のようにはのってくれないでしょ。
と、けっこういじわる言ってしまったけどアルバムは買うつもり
どっちにしようかな?日本盤はボーナストラック付、UK盤はライブ付きか。。。
悩むなあ。。

しかしさ、スミス、キンクス、クラッシュ、ジャムなどを影響を受けたバンドとして挙げてるけど、これ、彼らが言ったことならしょうがないけど、カバーをしているスペシャルズ、マッドネスはどうなの???
スペシャルズはともかくマッドネスなんて書いても誰もわからないから知名度の高いバンド名勝手に挙げてんじゃないの??
しかし、感動したよ、リトル・ビッチのカバー
日本にもこのカバーに感動する客がいることをぜひ伝えたいな
スペシャルズのリトル・ビッチの試聴はこちら

で、バンドのメンツは本当に名の通り普通の男の子達だった。
日本でも街中にでたら、まず気がつかないじゃないかな?
Vocalの
プレストン君
は若いころのJimmy Somervilleに見えてしかたなかった(笑)

Glastonbury Calling Performances 16/06/04
The Ordinary Boys Xfm session
You can listen Maybe Someday & Settle Down here
The Ordinary Boys Official Site
[PR]
by sonicDM | 2004-06-19 22:45 | Gig
<< 22-20s / Why Do... おすすめ音楽e-card >>