色気なさすぎ『キング・アーサー』 King Arthur

a0015955_0204724.jpg25 July 2004

『キング・アーサー』を観てきました。
アーサー王伝説の元になったのでは?っていう(sonicDM苦手の)史実ベース物でしたあ。
映画が終わって連れの友達と同時に口にしてしまったのが『キャスティング・ミス?』
アーサーを演じるクライヴ・オーウエンより彼の右腕、ランスロットを演じたヨアン・グリフィズの方が将軍顔なんですよ~。
&&&唯一の花、グウイネヴィアを演じるキーラ・ナイトレイ
裸同然の格好で登場するんですがね、紐一本でカバー可能な胸。。。色気なさすぎです。。
脇役は映画通にはけっこう豪華
円卓の騎士の一人トリスタンを演じていたのは『幸せな孤独』のお医者さんマッツ・ミケルセン。侵略者の親子を演じたのは『奇跡の海』のステラン・スカルスゲード、とティル・シュヴァイガー
セクシー・ティルが親父に頭の上がらない息子役なんてこと自体、キャスティング・ミスですな。
同じアーサー王者なら色気のある1981年度作『エクスカリバー』をおすすめします。
国内ではレンタル、販売共みつけるのは難しそうですが。。

製作のジェリー・ブラッカイマーってお金がかっかってるのはわかるがつまらない映画を撮る天才ですね!

評価

[PR]
by sonicDM | 2004-07-26 00:23 | Film
<< Bow Wow Wow / I... スプリング・ガーデンの恋人 H... >>