Summer Sonic 04 / Lostprophets

08 August 2004

a0015955_21353391.jpgついにBurn Burn当日。sonicDMを引率してくれるギグ達はTシャツがほしいとかで、朝早い待ち合わせを設定。渋々早起きしたんだが、会場についてLostprophetsのTシャツも売ってるのを発見したとたん、早起きしてよかった~って思った。
Tシャツ購入後はまだ朝飯を食べてなかったので、うどんとビール(なんだ、この組み合わせ、しかも11時前!)をたいらげ、15分500円のフットバスに入って時間をつぶす。

傘美庵をみたかったが、入場制限が予想され(実際そうなった)早めの脱出が難しくなるのを避けるため、断念。Bronxを見にいった。
ボーカルがアリー・マイ・ラブに出てくるダンシング・ベイビーみたいでおかしかったが、とにかく音量がすごくて、耳をつぶしたくないので早々に退散
無料バスでMarine Stageへ移動。

なんとなくMarineの方が客層が若い
飲み物を買って、しばらくスタンドでゆっくりしてLostprophetsに備えようと考えていたんだが、ひとつ前のJurassic5とやらが案外人気の様子で入場制限されてしまうと本命でいいポジションが確保できないと考えた私たちは渋々炎天下に降りた~。
Jurassic5は『ちぇきだっちょ』のラップ・バンドで予想外にのってしまった。
気がつけば『よ~よ~』ってな感じで両手を挙げていて、『おっと、ここでエネルギーを使いすぎてはいかん』と我に返り、おとなしくして時計とにらめっこ。暑い、あたりまえだよ13:00からはじまったんだもんね。
そろそろ終わりかな?ってころにsonicDMはTシャツを脱ぎ、Burn Burnな女に変身。
前の日Burn BurnのVを観ていて、『そうだよ、野外なのにBurn Burnな女で参加しなくっちゃ』って思い、普段は下着状態のタンクトップを用意し、シール刺青を腕に貼ったのだ!

Jurassic5が終わり、人民大移動。暑さ緩和のための放水の水をかぶりながらずんずん前進、気がつきゃステージそばの柵の横。
ちょっと危険じゃないか?とギグ達に言ったんだが、『大丈夫。あのお兄さん達が助けてくれるよ』とそこにはベースから臨時できたのか?ってなコマンドーな外人部隊が。。
すっかり安心し?その場で開演を待つ。
とステージ脇にちょろちょろメンバーが登場するのも見えて、ここがベスト・ポジションなのを確認。

a0015955_2136767.jpgBack to the futureのテーマ・ソングと共にLostprophets登場!
あはは、このくそ暑いのにジェイミーはスーツを着ている。
リー君はグラストの時のThe CureのTシャツに髪はオールバック。
イアンはなぜか?ポール・スミス・ジーンズのサマソ・スタッフTを着ていた。

1曲めはWe still kill the old way。
もうはじめからイアン、パンツ丸出し状態でした(笑)ShinobiのVと同じ白!
なにげにのってるふりしてジーパンあげるのも板についてる。
なんだかスパイダーマンっぽいポーズをとったりもしてたけど、やっぱり強行スケジュールにこの暑さ。
疲労は隠せないって感じだった。
でもステージ降りて花道疾走してくれた。すぐそばをIanが通ったなんて感激!
SonicDMが大好きなStart Somethingのリー君の生ギター・ソロも感激だったよ~
本当にベスト・ポジションであまり痛い思いもせず、(ってわりにはあざができていた)お気に入りのギターのマイクをじっくり鑑賞させていただきやした。(なんかアクションがガーリーでかわいいんだよね)&暑さにも負けず倒れれなかったよお~奇跡的!
この場所を確保してくれたギグ達に感謝です。

もちろん単独公演ですぐにでも来てほしいんだけど、ちょっといっくらなんでも。。。なハード・スケジュール。
しっかり休養してから再来日してほしい気もする。

Set List

we still kill the old way
to hell we ride
the fake sound of progress
wake up(make a move)
i don’t know
last train home
start something
shinobi vs dragon ninja
burn burn

Summer Sonic04 The Hivesに続く
[PR]
by sonicDM | 2004-08-09 22:57 | Lostprophets
<< 全体訪問者数1万達成 Summer Sonic 04 >>