2006年 01月 31日 ( 1 )

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々

31 Jan 2006
Sophie Scholl - Die Letzten Tage
a0015955_21143343.jpg
ヒトラー政権下、ヒトラー打倒を呼びかけた『白バラ』の紅一点、ゾフィー・ショルが処刑されるまでを描いた映画。
毎度この手の実在の人物を元にした映画は『へえ~すごい人がいたんだ~』で終わってしまう人なのだった。
で、いまひとつうまくこの映画の感想を書けないので、劇場でもらった公開が楽しみな近日公開作チラシを紹介。


ジム・ジャームッシュ監督のブロークン・フラワーズ。ビル・マーレイ演じる中年男性にある日突然息子の存在を告げる手紙が舞い込む。。。って話らしい。ちょっと『ライフ・アクアティック』とかぶる気もするが『心を打つおかしさ』っていう宣伝文句に期待が高まる。

ジョニー・デップのコスプレ物リバティーン
『この世の最も野蛮で、風変わりで、奇妙な男』で、共演にジョン・マルコビッチって、くわれちゃってないのかちと心配ですが、チラシの出来、素敵です!
[PR]
by sonicDM | 2006-01-31 21:12 | Film