カテゴリ:Film( 127 )

私には悲しすぎる映画でした『オーシャン・オブ・ファイアー』Hidalgo

a0015955_211.jpg
26 April 2004

『オーシャン・オブ・ファイアー』を観てきました。
月曜日、最終回とはいえ、ガラガラでした。30人いなかったんじゃないかな?
うーん、でもはっきり言ってこの映画、月曜日最終に30人しか客を呼べない映画ですな。
どこまで実話に忠実に映画化したのか?だけどいきなり馬の耐久レースから話がそれ、お姫様奪還のなんちゃってインディー・ジョンス映画に早変わり。
異国の地でもアメリカ人は正義感にあふれ、かっこいいのです。
&ヴィゴは女性にもてるのでした。。。
まあ、終わりよければ全てよし。って感じで感動の愛馬ヒダルゴを野生に返してめでたしめでたし。というわけです。
なんか映画に入り込めない隙があるんで、私はドバイの地に志半ばで散ってしまった砂の女王『ホクトベガ』を思い出してしまい、とても悲しくなってしまったのでした。
&冒頭にでてきたヴィゴに喧嘩を売り、早々にのされた男。。トーマス・ハウエルじゃなかった????最後しっかりエンド・タイトルを観ていたんだけど、彼の名はみつからなかった。。。名もない役だったの??アウトサイダーではポニーボーイって役だったのに。。。皮肉な話です。
で二重に悲しくなったのでした。
しかし、ディーテールはしっかりしてます。
アラブの方々の馬の乗り方を何というのか知りませんが、ヴィゴの乗り方はしっかりウエスタンでした。
最後裸馬の乗ったのも本人なんでしょうか??
DVDに付そうな撮影裏話をぜひ観たいです。がこれは買いません。

評価
★★
結果がよかったからいいものの、馬の酷使。あれはホースマンにあるまじき行為です!
[PR]
by sonicDM | 2004-04-26 23:05 | Film

イン・ザ・カット IN THE CUT

21 April 2004

メグ・ライアンが大胆な演技にチャレンジしたことが話題になってる『イン・ザ・カット』

売れっ子女優がジェーン・カンピオンの映画に出たがるのはよくわかる。
とにかく映像が綺麗だからね。
でもこの映画は何だかよくわからんかった。

同じくジェーン・カンピオン監督の
『ホーリー・スモーク』ではケイト・ウインスレットが全裸で立ったまま失禁してた。
それに比べたらメグのはたいしたことないね。
この映画も私は???だったのだが、ケイトがAlanis MorissetteのYou Oughta Knowを歌うシーンは大好き


綺麗な映像に★

あ、そうそう、彼氏役の刑事演じていたの、この間観た『ハッピー・フライト』でじょぼいな~って思った彼と一緒だった。
良く見るとバート・レイノルズ顔。アメリカではうけがいいのかも?
[PR]
by sonicDM | 2004-04-24 16:12 | Film

東京が舞台の必要あったのかな? LOST IN TRANSLATION

a0015955_232025.jpg19 April 2004

月曜日だってえのに混んでいました!
みなさんご存知の通り、東京ロケが話題になった作品なわけだけど、これって東京が舞台の必要あったのかな?ってのが私の疑問。
確かにアメリカ人が孤独を感じやすい異国だとは思う。
でもコッポラファミリーの血引いてるんだから、ロケ地の魔力に頼っちゃだめでしょ。
東京が好きでロケ地に選んだようだけど、愛を感じないな。

しかし、スカーレット・ヨハンソン、すごいね!19歳だよ!なんなんでしょ?あの色気。
でも反面20歳越した時のおばちゃん化が早いのでは?とちと心配。
カジュアルな服が恐ろしく似合わなかったのが印象的だった。

ソフィア・コッポラはもっと良い作品を撮る才能があると信じているので、この作品は
★★
[PR]
by sonicDM | 2004-04-24 16:07 | Film

音楽おたくも楽しめる『ラブ・アクチュアリー』 Love Actually

17 April 2004

『ラブ・アクチュアリー』を観たみなさん。お気に入りのエピソードはどれですか?
私の周りではコリン・ファースとメイドのエピソードが断然人気でした。
私は老いぼれロック歌手とそのマネージャーの話が一番好き。
ロバート・パーマーのAddicted to Loveのパロディーだよねえ??なV,笑えました。
リーアム・ニーソンの妻の葬儀ではBay City RollersのBye Bye Babyが流れたし、アラン・リックマンとエマ・トンプソンのエピソードにはジョニ・ミッチェルのアルバムが使われていた。
音楽おたくにも楽しめる映画です。
[PR]
by sonicDM | 2004-04-24 16:01 | Film

ハッピー・フライト View From The Top

a0015955_181512.jpg14 April 2004

『ハッピー・フライト』観てきました!

コテコテのアメリカン・ドリーム物
田舎娘がローカル線のスチュワーデスから国際線へスチュワーデスに。。過程出世の邪魔をする同僚あり、彼をとるか、仕事をとるか?の選択あり。。でも最後は仕事も男も獲得って話。
見所は着せ替え人形状態のグイネス。
本当に人形のようです。
『いっくらローカル線でもそんな制服ないでしょ?』なおちゃらけ衣装から『おお、国際線の品格ありだね』な制服まで、衣装がすごいです。
そして色使い。ポップ・カラーでまとめていて、マンガっぽい作りになってます。
ストーリーはともかく、小物の凝り具合がとても気に入ったので

評価 ★★★
[PR]
by sonicDM | 2004-04-24 15:38 | Film

パーティー・モンスター Party Monster

a0015955_1909.jpg13 April 2004

マイケル・アリグっていうクラブ・オーガナイザーとして名を馳せたひとの実話がベースになった『パーティー・モンスター』
結局見所は9年ぶりにスクリーンに復帰したマコーレー・カルキンそのものでしょ。
あちらの俳優さんは日本人の目からすると老けるのが早い。子供のころデビューしていきなりおやじになっちゃう人も珍しくない。
そんな中、マコーレー君は9年のブランクのわりには綺麗に成長したと言えるでしょう。
少年っぽさを残したマコーレー君のおねえ演技。けっこうはまってました。
今後はどんな役をやるんでしょうか?
末永くがんばってほしいもんです。

評価
★★★
(作品自体は★★マコーレー君のおねえ演技に★)
[PR]
by sonicDM | 2004-04-24 15:20 | Film

『恋愛適齢期』 Something Gotta Give

12 April 2004

『恋愛適齢期』を観てきた。観る人の年齢、性別、独身か、結婚してるか?、バツイチか。。。によっていろんな反応の出る映画だと思う。
ダイアン・キートン演じるバツイチ劇作家がジャック・ニコルソン演じる娘の恋人として現れた男とキアヌ・リーブス演じる若い青年i医師との間で心が揺れる。。ってのが大筋だが、個人的にはキアヌの存在は必要だったのか疑問。
又、ジャック・ニコルソンをつれてきたのが娘だったとか、別れた夫が若い娘と再婚など、笑いを取り入れたかったのだろうが、無駄なエピソード多し。
もっと熟年カップルの恋に話を集中させてもよかったと思う。
まあ、笑いがなきゃちょっと客を呼べないだろうなってのはあるけどね。
初老の男性客がけっこういたのは意外だった。

評価 ★★
[PR]
by sonicDM | 2004-04-24 15:03 | Film