カテゴリ:Film( 127 )

ミート・ザ・ペアレンツ 2 Meet the Fockers

06 Dec 2005 (Roadshow 2005-62)
a0015955_2338256.jpg

いや~、笑った、笑った。
特にデニーロの石頭親父。またまた、いい味出してます。
続編としては成功なんじゃない?
今度は子供が生まれて。。。と続くのであろう。

先週末TV深夜枠で1が放映されていたけど、Fockerが日本語では『バーカー』と訳されていた。
コメディーの訳って難しいね。


評価
★★★★
[PR]
by sonicDM | 2005-12-06 23:50 | Film

ミリオンズ Millions

11 Nov 2005 (Roadshow 2005-61)
a0015955_929445.jpg

青と赤のコントラストが印象的なダニー・ボイル監督の新作。
ダニー・ボイル自身が『僕の子供たちに堂々と観せられる映画を作りたかった』とコメントしている通り、子供にも安心して鑑賞させられるファンタジックな映画。
彼独特のダークでシニカルな作風を期待していると、ちょっとがっかりするかも?
個人的には話の内容よりカラフルな色使いに引き込まれた映画だった。

評価
★★★
[PR]
by sonicDM | 2005-11-12 09:54 | Film

ブラザース・グリム

04 Nov 2005 (Roadshow 2005-60)
a0015955_10261181.jpg

誰が撮ったか知らずに観ていても、テリー・ギリアムでしょ?とわかるであろう、らしさ満天な映画なんだけど、ドン・キホーテの呪いから開放されてないんじゃないの?
つまんなかったぜ。
おはらいに行くべきだね。
&やっぱり耐え難いものがあったよマット・デイモン。
[PR]
by sonicDM | 2005-11-05 10:32 | Film

ドミノ Domino

02 Nov 2005 (Roadshow 2005-59)

a0015955_21464082.jpg

女性サービス・デイなのにガラガラだった。。。
実在した女性賞金稼ぎドミノ・ハーヴェイ(キーラ・ナイトレー)の実話を映画用に脚色したストーリー
どこまでが実話なのか?だけれど、ドミノの母親(ジャクリーン・ビセット!かなり皺っぽくなっていた。。。)が連続TVドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』に影響を受け、ビバリーヒルズに引越しを決意したという関係でイアン・ジーリング、ブライアン・オースティン・グリーンがまんまの役で出ていた。
映画になりうるドラマチックな人生ではあるものの、賞金稼ぎというのがリスクのわりに返ってくるものがちとしょぼい。達成感がしょぼいというのかなあ?
客足がかせげないのもわかる気がする。
まあ、でもB級娯楽作品だと思って観ればけっこう楽しめる映画。
まったく、アメリカって国は。。。ハハハ。。。と笑える映画だった。
モデルになったドミノ・ハーヴェイ自身は映画の最後にチラっと顔をだします。
が、今年の6月に35歳で急死したそうです。

評価
★★
[PR]
by sonicDM | 2005-11-03 21:44 | Film

ランド・オブ・プレンティ Land of Plenty

31 Oct 2005 (Roadshow 2005-058)
a0015955_2227364.jpg

前半は9.11NYテロをきっかけにヴェトナム戦争の悪夢がよみがえり、一人必殺仕事人状態の叔父ポールの映像にちょっとうんざりした。
犬死にしたパキスタン人青年の遺体を兄の元へ運ぶあたりからいかにもヴェンダースなロード・ムービーとなるわけだけど、安モーテルの一室でアップルのキーボードをたたきながらI-podで音楽を聴くラナ。
なんか違和感あったな。

評価★
[PR]
by sonicDM | 2005-11-01 22:58 | Film

Sin City Bar

25 Oct 2005

青山で期間限定営業のSin City Barに行ってきた。
時間が早かったっていうのもあるんだとは思うけれど、空いていた。。。&B2には入れないようになっていた。
ちょっと一杯。。のつもりだったんだが、予約なしでもレストランの席があいてるってことだったので、座ってカクテル『ミホ』を飲みながら、おしゃれに盛り付けされた料理をつまんだ。
女性限定コースとカクテル一杯で4000円也。
興味のある方はどうぞ。
[PR]
by sonicDM | 2005-10-26 23:18 | Film

ドア・イン・ザ・フロア Door in the floor

24 Oct 2005 (Roadshow 2005-057)

未亡人の一年〈上〉
ジョン アーヴィング John Irving 都甲 幸治 中川 千帆 / 新潮社
スコア選択:


ジョン・アーヴィング『未亡人の一年』の映画化作品。
原作を読まずに観た人には???な映画となるような気がする。
読んでいると納得なキャスティング、されど描ききれない細かい部分に苛立ちを感じる映画。
マリアンにキム・ベイシンガーというのは適役だったし、いい演技をしていたとは思うが、やはり息子を失った女が息子似の若者に走る心理を映像化するのは難しい。
結果娘を棄ててしまう身勝手な姿だけが残ってしまう。
あえて原作の『未亡人の一年』(A widow for one year)を使わなかったのは映像化されたのは物語の前半で、未亡人の話にまでいたらないから。
未亡人になるのは成長した娘のルース(映画ではダコタ・ファニングの妹が演じてます)
母親に棄てられた娘がその後どんな人生を歩んだか?成長の過程でどのように母親を理解していくかが良く描かれた秀作。
映画の評価は★★
原作は★★★★★
[PR]
by sonicDM | 2005-10-24 23:48 | Film

コープスブライド Tim Burton's Corpse Bride

22 Oct 2005 (Roadshow 2005-56)

a0015955_10361740.jpg
『チャーリーとチョコレート工場』と比べるとマニアックなバートン・ファンが集合した感の強い客層だった。
死者の世界はカラーで生きてる人間の世界はモノトーン。
毒のあるバートン・ワールド復活
CGが主流の時代に、こういう手作りのストップ・モーション・アニメにこだわる職人魂にほれぼれするな。
今や同じ手法で撮影された『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はすっかり有名。
ディズニーランドで期間限定でホーンテッド・マンションの装飾を『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』に使ったのがかなり有名になった一因だと思うんだけど、この限定イベントに混雑も気にせず足を運ぶ人に限って『ナイトメア?みたことない』とか言うんだよね~。
私の回りの人間だけかもだけど。。
で、私は毎年行った人に混雑状況を聞くだけでうんざりしてまだ行ったことがない。
一度行きたいんだけどね。。。


評価
★★★★
[PR]
by sonicDM | 2005-10-23 10:54 | Film

芸能人は歯が命?

11 Oct 2005

a0015955_23445368.jpg写真はナポレオン・ダイナマイトを演じるジョン・ヘダー君
a0015955_23444535.jpg
笑わなければルーザーじゃない役もできるんではないかと。。。
笑った顔、けっこう怖いです。
[PR]
by sonicDM | 2005-10-11 23:48 | Film

ナポレオン・バス男・ダイナマイト

11 Oct 2005

a0015955_2219186.jpg


フラっと立ち寄った本屋で見かけたStudio Voice
表紙はニャポレオン・ダイニャマイト君じゃにゃいか!!!
そうだよ、『バス男』のDVDはどうなったんだ???と買わずに立ち読みしたら11/2からレンタル開始ってことらしい。
販売は来年。。。。
早く観たいがかりるの大変そうだなあ。。。
[PR]
by sonicDM | 2005-10-11 22:24 | Film