カテゴリ:Gig( 23 )

The Ordinary Boys @ Liquidroom Ebisu

2004年6月以来久しぶりのThe Ordinary Boysのライブ。ここのとこなんだかライブもかったる~モードだったので、直前にチケを購入した。
恵比寿リキッド初デビュー
ジントニックのジンはゴードンを使っていたし、大人用ゆったり楽しめまっせな位置がいくつかあり、けっこう気に入った。

観客は断然男子率高し。
モッズできめてきたんだね。。。って男子も何人か見かけたけど、モッズ・ヘアーが『ふかわりょう』な『いとをかし』君もいておもしろかった。

開演予定の7時よりちょっと遅れただけでメンバー登場。
プレストンはドラエモンTシャツを着ていた。
痩せたのか?一回り小さくなったように感じた。
『ありがと・ござい・まsu~』や『さ・い・こー』を連発
でもなんとなくお疲れだったのかな?1時間きっかりでアンコールなしだった。
やっぱり彼らは断然一枚目の曲受けがいい。
2枚目はスカ色が強いからね、今主流?の『ハイッ、ハイッ』な祭りノリにはむかんのよね。

姐さん的には彼らの新しくて懐かしい感じがたまにだとうれしいわけだけど、若いみなさんにはどうなのかな?
やっぱりライブはやめられないなと思った一夜だった。いち、に!
[PR]
by sonicDM | 2006-02-21 22:05 | Gig

Doves @ Shibuya-AX

30 Oct 2005
a0015955_2335270.jpg

今日ほど2階で座ってみたいと思ったギグはない。
天皇賞はかすりもしないし、体もなんとなくだるい。
しかし来たからにはCatch the Sunを聴いてから帰るぞ!と心に誓ったんだが、う~ん、やらない。。。アンコールか?と結局最後までいたんだが、Catch the Sunは演奏されなかった。
がっくし。
Dovesのパフォーマンスに問題はなし&大人も楽しめるいいギグでした。が私が楽しめる状況になかっただけです。
[PR]
by sonicDM | 2005-10-31 23:47 | Gig

The Hives @ Shibuya Club Quattro

12 Oct 2005

a0015955_22365926.jpg


一言、die, all right!なライブだったよ。
去年のサマソニも蒸し風呂状態だったけど、今回は会場も狭いしmore蒸し風呂なライブ
『短い曲多いし30分で終わっちゃったりして。。』なんて話していたんだが、実際はアンコールを入れみっちり1時間はあった。
うれしい限りだけど体力的には30分が限界。。。なライブだったよ~って最後までがんばちゃったからさ、上から下までびしょぬれ。。。。。
マスカラとけてパンダ目になるし、帰りはidiot walk
着替えがなかったからTシャツ買っただよ。
しかし至近距離ペレ様は眉毛は相変わらずマンガ眉ではあるものの、オリーブ・アッシュの髪色が素敵なハンサム青年だった。
ボロは着てても(スボンのひざ、穴あいてました。下手な修理してあったけど)パフォーマンスは錦!
お決まりの静止パフォーマンスも楽しかった~
近日発売のライブDVDが待ちどうしい。
[PR]
by sonicDM | 2005-10-13 23:03 | Gig

うまいよね、ハーゲンダッツ

12 Oct 2005

a0015955_2282345.jpgライブ前にハーゲンダッツ・ショップに寄って『ハーゲンダッツ&エスプレッソ』を食べた。
うま~い。
エスプレッソの苦味とアイスクリームの甘さが絶妙なバランス。
うまさに酔いしれつつ、会場に向かうと、ハーゲンダッツたべながら歩くでぶやのお兄さんが。。。

a0015955_2217641.jpgHivesのギターのでぶやさんじゃん!
『腹が減っては演奏できず』だよね~了解!迷子になるなよ~とでかい後姿を見送った
[PR]
by sonicDM | 2005-10-13 22:20 | Gig

Nine Black Alps @ Club Quattro

31 Aug 2005


フリー・ドリンク券で引き換えたビールはあっという間に飲んでしまったので、お金を払ってジン・トニックを注文。
これがま~、まずい!冗談にも『もう一杯』といえないまずさ。
まずい酒ほど私のテンションを下げるものはないんだが、貧乏性なのでまずいながらも最後まで飲み時間をつぶす。

a0015955_22562163.jpg


7時20分ぐらいにメンバー登場。
ヴォーカルのサム君が着てるのはThe MuttsのTシャツじゃないか??
実際若いわけだけど、昨日まで制服着て学校に通っていたんじゃ?ってな初々しさ。
(ひとり『Jetの人ですか?』がいるけど。。)
しかし、演奏はうわさ通りしっかりしていて、比べたくないけどサマ・ソニ時のINMEよりはるかに上。
(でもさ~この間サマソニでBilly Talentの演奏を誉めつつ、ソニ友と話になったんだけど、満堂の生演聴いて以来、誰でもうまく聞こえるんじゃないかって話もあり。)
一気にだ~と演奏しちゃったので8時には終わってしまった。
ソニ・マニ時も30分だったらしいからしょうがないね。

まずい酒で下がったテンションも上昇。サティスファイドなライブでした
[PR]
by sonicDM | 2005-08-31 22:48 | Gig

Summer Sonic 05 2日目

14 August 2005
a0015955_21495574.jpg

体力温存のため、昨晩は会場そばのホテルに宿泊。
想定通り、姐さんは力の入った二日目は若いソニ友より元気。

Billy Talent

自分でもいつごろ何で買ったのか?よく覚えていないんだがアルバムを持っているのであった。
ソニ友に聴かせたらけっこう気に入ったので一発目はこのバンドに決定。
Sum41と同じカナダ出身ってことでなんとなく音も似ているっちゃあ、似ている。
演奏は予想外に安定していて、ベースの重低音がきいてるのがすごくかっこい。
前方の若い衆は午前中だっていうのに盛り上がっていたよ。強面の警備員にことごとくつまみだされていたけど。。。

次は姐さんの本命王子INME
その前に10分ほど中国整体でリラックス。
Mountain Stageへ向かう途中Sonic Stageから客があふれ出ていた。
時間からいくとCaesars。恐るべし、CM効果。
Mountain Stageに着くとひとつ前のNo Warningが予定時間より早く演奏をはじめた様子なのに気がつく。
(後で知ったんだが、Bullet For My Valentineがドタキャン、タイム・テーブル変更があったのだ!)
トイレからまだ戻らないソニ友にはメールを残し、ジワジワと前進。危険じゃなく、よく見える場所を確保。
前回の来日時にはドラムはほとんど見えなかったけれど、今回はド真ん中でよくみえそう!
ついに三人登場!
あれ、Daveはかなり髪を短くして、なんだかプレストンに似てないか??だった。
病弱だとうわさのJoeはなんだか筋骨たくましくなったような?
新サイモンは相変わらず遠景でみるともっさりしていた。

New Album White Butterflyからの曲もけっこう披露してくれ、シャイで節目がちで演奏に没頭するタイプ(それはそれでよかったんだけど。。)のDaveが明るく日本語で『みんな・いっしょに・うたって』と呼びかけたのには驚いたけど、ほとんど誰も歌えず、『返事なし』な状態だったのがかわいそうだった。
彼らの課題はライブとCDの差をどううめるか?だな。
CDは3人じゃここまでなかなかでないよね。。。っていう音出しちゃってるからね。
しかし3人そろってイケメンなんだからこれからもがんばってほしい!
明らかに身内?っていうおじさんが一生懸命Vを撮っていた。サイモンのパパか??

INMEが終わるまでアルコール厳禁!と心に誓っていたので、今日は初のビール&ケバブで昼食。

The Ordinary Boys プレストンのDJを観にHMVダンス・テントにバスで移動。

テントは草むらにポンと建てただけのまさに『テント』で冷房がなくて蒸暑かった。。。
DJが次から次へと皿を回していくんだが、こんな状態で踊る人はゼロ。って前に客がほとんどいない。。。企画倒れの感あり。
プレストン+ウイリアムのDJにはけっこう人が集まったけれど、彼のはただ自分の好きな曲をランダムに流しただけって感じ。
しかし選曲はSpecials, Madness,Clashとやっぱり冴えている。
『白い暴動』がかかったらプチ暴動状態の男子が数名いました。
ちなみに『白鳥の湖』あれはMadness ヴァージョンです。

終わって外に出ると本日のメイン、オアシスを目指し徒歩にてMarine Stageへ移動中の行列が。。。
おかげで空いていた無料ミニ・キャブ送迎でメッセに戻る。

ソニ友はTeenage Fanclubへ。
サイン会会場前を通ったらBilly Talentがサイン中。人が集まらないらしく、係員に『いかがですか?』と声をかけられたけど、サインしてもらう物もってないし、断ってしまった。
でも後で知ったんだが、彼らはドタキャンBullet for my valentineのかわりだったらしい。
こんなことならもらってあげればよかった。。。

軽くビールを一杯飲んでからSpecial Beat のRock Stageへ向かう。

いち、に!!!Special Beat

これまたどんなナンバーを披露するのかちょっと不安だったけど、ほとんどがなじみのThe Specials, The Beatのナンバーだったのだ~~~~~で姐さん暴走!!!気がついたら踊っていた~~~~~~~~~~。
若い人もけっこういるんだけど、ここは『タテノリ厳禁』のNite Klub
楽しければかっこわるくてもいいのさ~~~~なスカ・ダンサーですごい盛上がり。
Little Bitchでは出たよ、出たよ『いち、に!』
楽しすぎる~~~~~~~~~
元The BeatのRanking Rogerが息子のRankin Jr.を紹介。当然のように観客からRanking Full Stopのリクエストがあり、もちろん演奏してくれた!So Cool !
で、後で知ったんだけど、Rankin Jr.はThe Ordinary Boysにも飛び入りした。。。って聞いて初めてBoys Will Be Boysのラッパー風おにいちゃん=Rankin Jr.だと気がついた。
恐るべしプレストンの人脈
もうねえ、予想外に楽しくて楽しくて、終わりよければ全てよし!
Thank you Special Beatだったのさ~~~~~。

閉めのオアシスはチラっとモニター映像で何曲かだけ観て、恐ろしい入りだったので、駅が混雑する前に引き上げました。

以上大人のサマ・ソニ05レポでした。
[PR]
by sonicDM | 2005-08-14 21:47 | Gig

生ソニ2

a0015955_17505450.jpg


HMV DANCEテントでのプレストンのDJをみて写真の無料ミニ・キャブでメッセに戻り、これからSPECIAL BEATをみます。プレストンがみにきてるかも?を期待
[PR]
by sonicDM | 2005-08-14 17:50 | Gig

Summer Sonic 05 1日目

13 Aug 2005

a0015955_22515291.jpg


仕事へ行く日より早起きしてPaul Smithの限定ポロを購入!しかしほしかった黒はLしかなくて断念。白のMを買ったんだけど、予想外に大きい。。。致命的なのが丈。。。私には長すぎてかっこ悪し。。とほほ。
黒の布製バック付き

まずはThe Subwaysを観に。

初回ながらなかなかの入り。
男性客はもちろん、女性客も紅一点のシャーロット嬢に視線集中。
写真より実物のほうがかわいかった。
しかし、Oh Yeahの演奏が終わったころから移動しはじめる客続出。
とりあえず最後までみたけれど、単独でやるならアストロで3500円なら。。。って感じ。
移動途中もれてきた音がよかったのでThe Little Flamesをちょっと観る。

まだ1ライブしかこなしてないのに、ソニ友も私も基本夜型なのに早起き&グッズを買うのに並んだだけでくたびれてしまい、足のマッサージに。
オイルを使ったマッサージだったのでかなり足はすっきり。

Mountain Stageに移動し、腰掛けて(後ろの方に座れるところがあった)『フランツっぽくない?』などと意見しながらThe Depatureの演奏を聴く。

屋台の方へ移動しちょっと食べてInterpolを聴きにMountain Stageに戻る。
しかしおなかが一杯になったら睡魔におそわれ、演奏を子守唄に昼寝。

ソニ友はThe Tearsへ移動。
私は今日の本命、エコ・バニ&Duran DuranもMountain Stageなので電気グルーヴ×スチャダラパーの演奏をバックに体力温存。

電気グルーヴ×スチャダラパーに続きエコ・バニを一緒に観よう。。。なんて客はほとんどいないわけで、客は総入れ替え状態。
おかげで観やすい位置を確保できた。

Echo & The Bunnymen

いったいいつの曲を中心に演奏するのかちょっと不安だったけど、Lips Like Sugarにはじまり、閉めはThe Cutter(だったと思う)まで全盛期のナンバーばかりでそれはうれしかった。
けど、イアン・マカロックの加齢を受け止めるのはちと痛かったな。
The Killing Moonの時は歌詞忘れちゃったみたいだったし。。
今となっては知名度が低いっていうのもあるとは思うけど、ある意味客をなめたパフォーマンスが響いたとみえて客の少ないこと。。。
ちょっと哀しかったね。。

Duran Duran

で、本日の本命Duran Duran。エコ・バニで確保した観やすい位置で?年ぶりの生Duran。
うお~、場末のホストかい?あんたは??な服装でサイモン・ル・ボン登場!
顔も老けた、声量も落ちた、けど、その体型を保ってるのはすごいぜ、ル・ボン先生
もちろん観客は私と同年代かな?って人が多いんだけど、若い観客も決して少なくない。
なんでかな??と不思議だったけど、ちょっとしたミュージカルを観るような楽しさがDuran Duranのパフォーマンスにはあり、若い人には新鮮なんだと思う。
背後に懐かしの映像なんぞを流したり、Careless Memoriesのバックで流れたマンガは笑えた。なぜか富士山が噴火していた!
そしてWild Boyで終わりサイモン炎上(バックに炎の映像)
再登場したサイモンはなんだかジョージ・マイケルっぽい『1978』Tシャツ姿。
アンコールはRioと、往年のファンにはわかりやすくもうれしい幕引きだったのでした。
単独公演は9000円するそうで。。。今日は充分元をとりました。
[PR]
by sonicDM | 2005-08-13 17:49 | Gig

生ソニ

只今エコ・バニ待ち。やっぱり年寄りには疲れるイヘ゛ントよね…ってわけでインターホ゜ルでは昼寝させていただきました。THE SUBWAYSは演奏も安定していてよかったよ。しかし個人的には朝の11時からのれないのであった。ビール一気呑みしたあとだったけどね…
[PR]
by sonicDM | 2005-08-13 16:54 | Gig

STEREOPHONICS @ Shibuya O-East

18 June 2005
a0015955_18441641.jpg

あまりにライブごぶさただったのでほとんどァンじゃないけど、買ったステレオフォニックスのチケット。
案の定オオボケで『6時待ち合わせね』なんて言ってた。
途中で気がついて30分はやくしたけれど、予想外に客が入っていて、いい場所をとれなかった~。
『あしたまにゃーな』で宣伝されちゃったから売れてないのか?と思ったんだけど。。。
この手のライブにしては珍しくきっかり6時にスタート。
おととし?のサマソのVを観て、演奏が安定しているのは確認済ではあったものの、本当にうまい。
しかし確保した場所が悪い&予想外に混んでいてほとんど棒立ち鑑賞になったため疲れた。
これぐらい安定した演奏をするアーチストにはぜひシルバー・シートをもうけてほしいと思った。

写真はKerrang! 『50 Sexies People in Rock』に乗ったケリー・ジョーンズ。49位。
[PR]
by sonicDM | 2005-06-19 19:05 | Gig