<   2004年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

情愛 Marriage is a Crazy Thing

29 Dec 2004

a0015955_21513555.jpg韓国映画『情愛』をレンタル鑑賞。
英語タイトルMarriage is a Crazy Thingの通り、『結婚』っていうシステムがなければうまくいったのかもね。。っていう男女を描いた映画。
物語は男の一人称の語り付で進行。
『結婚』にこだわり、自分以外の男と結婚してしまいながらも、男とも『擬似結婚生活』をしにくる女に翻弄される心の様がよく描けていた。

評価★★★

写真は男を演じたカム・ウソン
この写真ではそうでもないけど、お笑いの土田晃之によく似てました。。。。。
[PR]
by sonicDM | 2004-12-30 22:37 | Film-rental

シルヴィア Sylvia

28 dec 2004
a0015955_2334580.jpg
シルヴィア観ました。
2004年ロードショー納めの一本。
30歳で自殺した詩人シルヴィア・プラスの人生を描いた映画。
シルヴィア・プラスの作品や彼女の人生についてそれなりの知識があって劇場に足を運んだ人はともかく、私のように何も知識がなく足を運んだ観客にはいまひとつひきつける物がない映画。

評価★

同じくクリエーター・カップル物ならフリーダ・カーロの人生を描いた『フリーダ』が、詩人物ならT.S.エリオットと妻のビビアンの実話に基いた映画『愛しすぎて詩人の妻』がおすすめ。
『愛しすぎて詩人の妻』でT.S.エリオットを演じるのはウイレム・デフォー。
発狂する役が多い彼が発狂していく妻の前で毎度困惑顔なのが見もの。
気弱な情けない男なんだけど、神の前で愛を誓った女性を、たとえ彼女が発狂しても愛し続ける。。。って現代ではちょっと考えられない姿に妙に男気を感じる。
[PR]
by sonicDM | 2004-12-29 00:18 | Film

Sonic Death Monkey Awards 2004 音楽編

27 Dec 2004
a0015955_2336341.jpg


Best Album of 2004

上半期のベスト1から不動
Lostprophets / Start Something
おおよそルックスからは想像もつかないけど、バンド名LostprophetsはDuran Duran海賊版のタイトル。
元DuranファンのハートをBurn Burn!!!
2004年はLostprophetsに魂を売ったといっても過言ではない1年だった。
写真は英国に行った時購入したヨーロッパ盤Start Something

2004年この10枚

他のアルバムは順位がつけられなかった。
単純に好んでよく聴いた10枚をピック・アップ

購入=即お気に入りだったアルバム

The Von Bondies / Pawn Shoppe Heart
The Blueskins / Word of Mouth
The Hives / Tyrannosaurus Hives
The Beat Up / Black Rays Defence

ここのところご無沙汰だったけど改めて聴いていいな~って思ったアルバム

The Ordinary Boys / Over the Counter Culture
The Vines / Winning Days

購入時は?だったけど後々はまったアルバム

Franz Ferdinand / Franz Ferdinand
Pink Grease / This is for real
Kasabian / Kasabian

好きなんだけどちょっと残念だったアルバム

22-20s / 22-20s
シングルの寄せ集めみたいになってしまって新鮮味に欠けたのが残念。
販売方法に疑問あり。


ギグ部門

選考の基準
客を楽しませるショーであること。
なのでアルバム1枚組は演奏を披露するので精一杯『新人』として除外

Best gig of 2004

Lostprophets @ Cardiff Arena 21 Nov

もちろんベスト・ギグもLostprophets
『Cardiff 公演を見ずしてLostprophetsライブを語るな!』なパフォーマンスでやんした。

2位

The Hives@Summer Sonic 8/8

ペレ殿は日本の客の反応に疑問が残ったようだったけど、みんな楽しんでいたぜい!
蒸し風呂状態なのにさ。

Sum41@Duo Music Exchange 10/4

おとなしく見てたけど楽しかったっす。

3位

The Von Bondies @ Club Quattro 4/13

ちょっと選考基準からずれる気もするけど、演奏する側と客(大人多し)のバランスがとてもよかったギグで、『大人にも楽しめるギグ』を提供してくれたってことで評価。

新人賞

Franz Ferdinand @ Shibuya AX 11/29

新人の中では一番魅せる余裕があった。
[PR]
by sonicDM | 2004-12-28 00:30 | Chart

有馬記念 

26 Dec 2004

 1. ゼンノロブロイ
 3.ハイアーゲーム
 8.ダイタクバートラム
10.デルタブルース
14.コイントス

の5頭に絞りました

Good Luck!
[PR]
by sonicDM | 2004-12-26 13:29 | Horse Racing

シザーハンズ Edward Scissorhands

25 Dec 2004

シザーハンズ 特別編
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スコア選択: ★★★★★



yukizoさんからお褒めいただいた、ロゴ映像はここにつなげたかったのね。
しかし、UP後予想外に怖いんでやめようかと思った(笑)
エドワードのクリエイターの爺ちゃんが『クリスマスにはちょっと早いが。。』と手をプレゼントしたとこで死んでしまうんだよね~。
クリスマスっていうとこの映画を引っ張り出してきて観ている。
a0015955_21241816.jpg

我家はクリスマスに特別なことしない家で、(って言うと母親に『覚えてないだけで、小さい頃はいろいろやってたのよ!』と叱られるんだが)『なんで?』って聞いたことあるんだが、母の答えは『クリスチャンじゃないから。』
恐ろしく説得力のある回答だった。
[PR]
by sonicDM | 2004-12-25 21:43 | Recommend

ブルース・オールマイティ Bruce Almighty

24 Dec 2004
ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★

『神様は何て不公平なんだ!』と文句を言うジム・キャリーにモーガン・フリーマン演じる神様が『じゃあ、神様やってみる?』と万能の力を授ける話。
万能の力をもってしても、人の心は操れないというまあ映画にはよくあるストーリーではあるけれど、それなりに楽しめる娯楽作。
モーガン・フリーマンの真っ白なスーツ姿がすごく素敵だった。
あのピンっと張った背筋がなければこのスーツは着こなせないなと思った。
[PR]
by sonicDM | 2004-12-25 17:42 | Film-rental

エイリアンVS.プレデター Alien VS. Predator

22 Dec 2004
a0015955_10175344.jpg

あはは
1000円の日ならいいかな?と観にいっちゃいました。AVP!
だってエイリアン好きなんだもん!プレデターは大嫌いだけど。
プレデター、人間の味方みたいになっちゃって、いい奴になってた。おもしろくないぞ~
昔々、プレデターが神の時代があった。。。なんて歴史も飛び出してきた(笑)。
学生時代歴史が苦手科目のひとつだったけど、こういう歴史なら興味を持って勉強したぞい。
ランス・ヘンリクセンが出ているけど、今回は生身の人間の役でした。

シガニー姐御が人間代表で出演してくれていたら相当おもしろい作品になったと思うけどね。。。

評価


Official Siteで人気投票受付中。
プレデター優勢!なぜ???アイリアン・ファンは投票すべし!
[PR]
by sonicDM | 2004-12-23 10:38 | Film

ターミナル The Terminal

20 Dec 2004
a0015955_0104627.jpg

ターミナル観ました。
『スピールバーグは誰もが楽しめる娯楽映画を撮るのがうまい監督』というのを認めざるをえない映画。
いろんなメッセージのこめられた映画で、観る人それぞれに考えさせられることがあると思うけど、気楽に楽しむのが一番!
あんな美人のフライト・アテンダントと親しくなれるかあ?とか考えずに観ましょう。


評価
★★★
[PR]
by sonicDM | 2004-12-21 00:16 | Film

ラヴァーズ Lovers

18 Dec 2004
ラヴァーズ
/ 日活
スコア選択: ★

ジャン=マルク・バールが監督?へええええ~
って訳でかりてみた。
舞台はパリ。本屋店員のジャンヌとユーゴスラビアからの移民で画家のドラガンの二人の出会いから別れまでを淡々と描いた映画。
ジャンヌはダメ男にはまりやすい性格という設定らしく、ドラガンはかなりのダメ男。
結局滞在許可が切れていて国に強制送還されてしまうところで終わり。。。
絵に描いたような幸せな二人の映像ってのもどうかと思うけど、ここまで不幸せな二人を延々と観るのもね~って最後まで観ちゃったけどさ。

『グラン・ブルー』ジャック役のジャン=マルク・バールは素敵だった。
その後何年か後に『奇跡の海』を観てる時に『このおっさん、記憶にあるけど名前が出ない』っていう俳優がいて、エンド・タイトルでジャン=マルク・バールだ!って気がついた時はショックだったな。
きっとこの時ラース・フォン・トリアーに映画を撮るきっかけをもらったんだろう。
『ラヴァース』は『ドグマ95』の映画。
確かにドグマっぽい映画とはいえる。

Dogme Official site
[PR]
by sonicDM | 2004-12-18 23:18 | Film-rental

恋に落ちる確率 Reconstruction

17 Dec 2004
a0015955_0124955.jpg

デンマーク映画恋に落ちる確率を観ました。

注)ネタバレあり

いったいどこまでが現実におきていることなのかが?な見せ方で、全体的に不思議感の漂う映画だった。
結論、年の離れた若くて美しい妻を持つ初老の作家が、自分の妻にひとめぼれした男を想定して書いた小説の映像化。。。ってなことらしい。
主人公アレックスの恋人とひとめぼれされる美しい妻を同じ女優が演じています。
私もはじめは気がつきませんでした。
最後まで気がつかない人多いんじゃないかな?
いや~女は化粧と着る物でここまで別人になれる。。っていう驚きの映像です。
レンタルにでもなって又みると、新しい発見があって再度楽しめそうな映画でした。

評価
★★★
[PR]
by sonicDM | 2004-12-18 00:49 | Film