<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ジャーヘッド Jarhead

a0015955_12361123.jpg25 Feb 2006

湾岸戦争時、実際戦地に赴いた海兵隊員アンソニー・スオファードが書いた『ジャーヘッド/アメリカ海兵隊員の告白』がベースになった映画。

湾岸戦争の裏側を描いた作品としても優れていると思うが、単純に、一人の青年が『人生は甘くない』を短期間で体験してしまう過程が淡々と描かれた秀作。

評価
★★★★★
[PR]
by sonicDM | 2006-02-26 13:16 | Film

The Ordinary Boys @ Liquidroom Ebisu

2004年6月以来久しぶりのThe Ordinary Boysのライブ。ここのとこなんだかライブもかったる~モードだったので、直前にチケを購入した。
恵比寿リキッド初デビュー
ジントニックのジンはゴードンを使っていたし、大人用ゆったり楽しめまっせな位置がいくつかあり、けっこう気に入った。

観客は断然男子率高し。
モッズできめてきたんだね。。。って男子も何人か見かけたけど、モッズ・ヘアーが『ふかわりょう』な『いとをかし』君もいておもしろかった。

開演予定の7時よりちょっと遅れただけでメンバー登場。
プレストンはドラエモンTシャツを着ていた。
痩せたのか?一回り小さくなったように感じた。
『ありがと・ござい・まsu~』や『さ・い・こー』を連発
でもなんとなくお疲れだったのかな?1時間きっかりでアンコールなしだった。
やっぱり彼らは断然一枚目の曲受けがいい。
2枚目はスカ色が強いからね、今主流?の『ハイッ、ハイッ』な祭りノリにはむかんのよね。

姐さん的には彼らの新しくて懐かしい感じがたまにだとうれしいわけだけど、若いみなさんにはどうなのかな?
やっぱりライブはやめられないなと思った一夜だった。いち、に!
[PR]
by sonicDM | 2006-02-21 22:05 | Gig

ミュンヘン Munich

04 Feb 2006
a0015955_15295279.jpg


数式の答えのようなきっちりした結末がある映画が好きな人にはお勧めできないスピールバーグ監督の問題提起物。
監督自らがユダヤ人ということでとりあげた題材だとは思うが、映像の視点にユダヤ人ゆえの肩入れはなく、この世からなくならない『怒りの連鎖』を淡々と描いている。
9・11以降の今、知名度の高いスピールバーグがこの映画を公開する意味は高いと思う。

しかし、お堅いテーマながらエリック・バナのファション・ショーは見ものだった。
ちょっと暗殺者にしては目だってないかあ??だったけど。
まあ一番よかったのは、はだかだけどね。むふ。

評価
★★★★

4っ目はエリック・バナのファッション・ショーに
[PR]
by sonicDM | 2006-02-05 16:40 | Film